ビモータ、ヴァイルス、アビントンはモトコルセから…東京モーターサイクルショー2018

モーターサイクル エンタメ・イベント

モトコルセ1299SLC(東京モーターサイクルショー2018)
  • モトコルセ1299SLC(東京モーターサイクルショー2018)
  • モトコルセ1299SLC(東京モーターサイクルショー2018)
  • モトコルセ(東京モーターサイクルショー2018)
  • モトコルセ・ビモータDB5CR(東京モーターサイクルショー2018)
  • モトコルセ/テージ3DCRスペチアーレ(東京モーターサイクルショー2018)
  • モトコルセ/テージ3DCRスペチアーレ(東京モーターサイクルショー2018)
  • ビモータBB3 SBKレプリカ(東京モーターサイクルショー2018)
  • ビモータDB8オロネロ(東京モーターサイクルショー2018)
東京ビッグサイト(東京都江東区)で3月23~25日に開催された東京モーターサイクルショーで、モトコルセは、ビモータ、ヴァイルス、アビントンといった個性的なハイエンドモーターサイクルブランドを出展した。

さらにMotoGPでも使用されているタイヤウォーマーの「Capit」、 ブレーキディスクの「Alth」、スリッパークラッチの「STM」など、世界トップブランドのプロダクトも展示した。もちろんモトコルセの最新プロダクトも展示した。

モトコルセ『1299SLC』は、全世界限定500台、市販ツインエンジン搭載モデルでは史上最高のパフォーマンスとも言われる、ドゥカティ『1299スーペルレッジェラ』をベースとした、モトコルセによるコンプリートカスタムバイクだ。オーリンズSBKレーシングフロントフォーク、STMドライクラッチキット、ブレンボ・レーシングブレーキキャリパー&レーシングマスター、アルミビックタンクなどを装着している。消費税込み車両本体価格は1767万3584円。

また空冷ライトウェイトスポーツのビモータ『DB5』をベースとしたカスタムバイクがモトコルセ『DB5CR』で、そのスペシャルバージョンが東京モーターサイクルショーには展示された。ラムエアダクト付きのドライカーボンカウル、ハイコンプピストンやビックボアスロットルでチューニングされたエンジンはそのままに、エンジン制御により中低回転域でのパワー&トルクアップを実現したという。消費税込み車両本体価格は505万4400円から。

ハブセンターステアリングを採用したビモータ『テージ3』をベースとした、モトコルセコンプリート『テージ3DCR』のスペシャルバージョンが「テージ3DCRスペチアーレ」だ。ラムエアダクト付きのドライカーボン製アッパーカウル、アップタイプのチタニウムフルエキゾーストシステム、STMドライクラッチキット、BSTカーボンホイールなどを装着した。消費税込み車両本体価格は678万2400円から。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集