横浜ゴム、2018年モータースポーツ活動計画…新レース「WTCR」にワンメイク供給

横浜ゴムは3月10日、2018年のモータースポーツ活動計画を発表した。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
横浜ゴムは3月10日、2018年のモータースポーツ活動計画を発表した。

横浜ゴムは、2018年よりTCR規定で行われるツーリングカーレース、ワールドツーリングカーカップ(WTCR)にADVANレーシングタイヤをワンメイク供給する。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。今年は、モロッコ戦を皮切りに世界を転戦し、全9大会以上が予定されている。

また2016年からワンメイク供給を開始した全日本スーパーフォーミュラ選手権にもADVANレーシングタイヤを継続供給する。2018年は現行のミディアムコンパウンドに加えて、ソフトコンパウンドタイヤを追加した2スペックタイヤを供給。供給タイヤはWTCC同様、ドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」となる。

SUPER GTシリーズでは、GT500クラスでKONDO RACINGの「フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R」とLEXUS TEAM WedsSport BANDOHの「WedsSport ADVAN LC500」、TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」の3チームをサポートする。

そのほか、欧州ではニュルブルックリンク24時間レースを含むVLN耐久選手権、北米ではポルシェGT3カップチャレンジUSA、ポルシェウルトラ94 GT3カップチャレンジCANADA、日本で行われるインタープロトシリーズなど世界各地のレースや参加車両にADVANレーシングタイヤを供給する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集