アウディ、通行料金の決済システムを車載化…2018年後半から米国で

自動車 テクノロジー ITS
アウディの通行料金の決済システム「ITM」
  • アウディの通行料金の決済システム「ITM」
アウディは2月21日、高速道路や有料道路の通行料金の決済システムを、2018年後半から米国向け一部車両に搭載すると発表した。

アウディはこのシステムを、ITM(インテグレーテッド・トール・モジュール)と命名。車両のルームミラーに内蔵されたモジュールが道路インフラと通信を行い、通行料金の決済を行う。

ドライバーは、ITMのオン/オフや、米国の優先走行レーンを走行する際の乗員設定の変更など、車両のMMI(マルチ・メディア・インターフェイス)で操作することができる。

なお米国市場において、このシステムの車載化を図ったのは、アウディが初めて。アウディは米国だけでなく、カナダやメキシコにも、このシステムの導入を拡大していく方針。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【CES 2017】ガソリン代は車内で決済…ホンダとVISAが共同開発 画像 【CES 2017】ガソリン代は車内で決済…ホンダとVISAが共同開発
  • ポルシェは駐車場でチケットや現金不要…コネクトサービス 画像 ポルシェは駐車場でチケットや現金不要…コネクトサービス
  • トヨタ、安心機能付きドラレコと雨滴除去機能付きのバックカメラを新発売…純正ナビオプション 画像 トヨタ、安心機能付きドラレコと雨滴除去機能付きのバックカメラを新発売…純正ナビオプション
  • 高速道路の料金所ってどんなトコ? こんなトコ!---首都高豊洲 画像 高速道路の料金所ってどんなトコ? こんなトコ!---首都高豊洲

特集