特急『いなほ』の全色が勢揃い---羽越本線村上駅にE653系が大集合 3月3日

鉄道 エンタメ・イベント

村上駅に勢揃いする予定の『いなほ』のE653系1000番台。左から瑠璃色、ハマナス色、オリジナル色。
  • 村上駅に勢揃いする予定の『いなほ』のE653系1000番台。左から瑠璃色、ハマナス色、オリジナル色。
  • 当日の3色の配置。E653系は2・3番ホームから見ることができるが、編成は逆向きになることがあり、パンタグラフの降下、ライトの消灯が行なわれることもある。グリーン車の体験乗車はオリジナル色で行なう。
JR東日本新潟支社は3月3日、羽越本線の特急『いなほ』で使用しているE653系1000番台特急型電車の異なる塗色車を、羽越本線村上駅(新潟県村上市)で一堂に展示する。

『いなほ』用のE653系は、2013年9月のダイヤ改正で登場。当初の車体色は、日本海の夕日や稲穂、海をイメージしたものだったが、昨年10月にはU106編成が瑠璃色に、12月にはU107編成がハマナス色に変更された。

今回の展示は雛祭りにちなんだもので、13時頃から13時30分頃までは瑠璃色とハマナス色が、13時30分頃から15時頃までは瑠璃色・ハマナス色・オリジナル色が並ぶ。

また、13時40分頃から15時20分頃までは、停車中のE653系を利用して『いなほ』グリーン車の体験乗車を実施。村上市コミュニティデイホーム(村上駅から徒歩15分)では、駅係員や運転士、車掌らが使用している自動起床装置の体験会や、お気に入りの『いなほ』の塗色に投票する「特急『いなほ』号総選挙」を行なう。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集