横浜ゴム、FC EXPOに初出展…高圧水素ガス用ホースを紹介予定

自動車 ビジネス 国内マーケット

横浜ゴム ブースイメージ
  • 横浜ゴム ブースイメージ
横浜ゴムは、2月28日から3月2日まで東京ビッグサイトで開催される「国際水素・燃料電池展」に初出展、高圧水素ガス用ホース「ibar(アイバー)」シリーズを紹介する。

ibarシリーズは、今後普及が見込まれる燃料電池自動車(FCV)に水素を充填するディスペンサー用ホースとして岩谷瓦斯と共同開発。水素充填圧力35MPa用の「ibar HG35」、70MPa用の「ibar HG70」、82MPa用の「ibar HG82」の3商品を販売している。

展示会ではFCV以外の使用用途として、水素製造工場内での圧縮水素の移送における優位性を訴求。現在、圧縮水素をカードルなど別の容器に移す際には金属配管が使われているが、ibarシリーズは金属配管に比べ、軽量かつ柔軟で運搬や充填作業がしやすいほか、高い安全性や耐久性も実現している点をアピールする。

水素・燃料電池展は、水素・燃料電池の研究開発、製造に必要なあらゆる技術、部品・材料、装置および燃料電池システムが一堂に集まる国際商談展。燃料電池、エレクトロニクス、自動車、エネルギー、建設・プラントなどの関連企業に加え、大学や研究所、自治体などが来場する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集