ひったくり被害者をクルマでひきずる---少年4人を逮捕

昨年12月、兵庫県加古川市内の市道で若い女性の財布をひったくり、追いかけてきた女性をクルマでひきずって負傷させたとして、兵庫県警は22日、三木市内に在住する16-17歳の少年4人を強盗致傷容疑で逮捕した。

自動車 社会 社会
財布をひったくるだけでなく、追跡してきた被害者をクルマでひきずって負傷させた少年4人が逮捕された。別のひったくり事件にも関与した疑いがあり、警察は余罪についても調べを進めている。

☆☆☆

昨年12月、兵庫県加古川市内の市道で若い女性の財布をひったくり、追いかけてきた女性をクルマでひきずって負傷させたとして、兵庫県警は22日、三木市内に在住する16~17歳の少年4人を強盗致傷容疑で逮捕した。

兵庫県警・加古川署によると、問題の事件は2017年12月16日の午前2時30分ごろ発生している。加古川市平岡町新在家2丁目付近の市道沿いにあるコインパーキングで、22歳の女性が駐車料金の精算を行っていたところ、後方から接近してきた若い男が女性の財布(現金約2万円入り)をひったくり、近くに止めていた軽乗用車に乗り込んだ。女性はこのクルマを追いかけ、ドアノブをつかんで抑止しようとしたが、クルマはそのまま発進。女性はひきずられる状態となり、打撲などの軽傷を負った。

クルマはそのまま逃走したことから、警察では強盗傷害事件として捜査を開始。付近に設置された防犯カメラ映像から容疑車両を特定し、このクルマを借り受けて使っていた三木市内に在住する17歳の少年と、その後輩にあたる16歳の少年3人が事件に関与としたと判断。22日に強盗致傷容疑で逮捕している。

警察に聴取に対して4人は大筋で容疑を認めており、この事件の約1時間前に起きた別のひったくり事件にも関与したものとみて、余罪についても厳しく追及する方針だ。

☆☆☆

事件が起きた時間帯、現場となったコインパーキング付近は人通りが少なくなっていた。逮捕された少年らはターゲットとなる人物を物色していた疑いがあり、警察ではその行動について詳しい調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集