コンチネンタル、コネクトカー向けリモート車両データプラットフォーム発表へ…MWC 2018

自動車 テクノロジー ネット

コンチネンタルのコネクトカー向けリモート車両データプラットフォームのイメージ
  • コンチネンタルのコネクトカー向けリモート車両データプラットフォームのイメージ
コンチンネンタルは、スペインで2月26日に開幕する世界最大規模の携帯通信関連見本市、「MWC(モバイル・ワールド・コングレス2018)」において、新開発のリモート車両データプラットフォームを発表する。

リモート車両データプラットフォームは、コネクテッドカー向けに開発されたもの。革新的なコネクテッドサービスの基盤になることを目指す。

リモート車両データプラットフォームは、自動車メーカー、自動車販売店、レンタカー会社、フリート車両事業者、修理工場、保険会社などが対象。このプラットフォームによって、多数の車両モデルに応じたメーカー固有の車両データへの標準化されたアクセスが可能になる。

このプラットフォームが、接続されたサービスのバリューチェーンに沿ったエンド・ツー・エンドのソリューションを提供。接続ベースのサービスのために、コンチネンタルのモジュラークラウドソリューションにシームレスに統合されるという。

コンチネンタルは、このソリューションがモジュラー型およびクラウドベースのアーキテクチャのため、幅広い顧客アプリケーションに適合させることができる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集