DS7クロスバック、発売に合わせて顧客向けツアー…工場見学など

自動車 ビジネス 海外マーケット
DS7クロスバックの発売に合わせてフランスで行われた顧客向けツアー
  • DS7クロスバックの発売に合わせてフランスで行われた顧客向けツアー
PSAグループは2月14日、高級車ブランド「DS」の新型車の『DS7クロスバック』の発売に合わせて、VIP顧客向けのカスタマイズツアーを実施した、と発表した。

DS7クロスバックは、DSブランドの最上級クロスオーバー車。コンセプトカーの『Divine DS 』と『DS E-TENSE』のデザインモチーフを採用。フロントマスクなどに、新世代のDSアイデンティティを表現した。ボディサイズは、全長4570mm、全幅1890mm、全高1620mm。室内は、2個の大型ディスプレイが採用され、コネクティビティを追求。トランク容量は628リットルを確保する。

トップグレードのパワートレーンは、プラグインハイブリッド(PHV)。最大出力200hpのガソリンエンジンに、2個のモーター(それぞれ109hp)を組み合わせる。二次電池は蓄電容量13kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大およそ60kmのゼロエミッション走行を可能にしている。

今回、PSAグループはDS7クロスバックの発売に合わせて、VIP顧客向けのカスタマイズツアーを実施。顧客は、フランス・ストラスブールのDSストアでDS 7クロスバックを受け取り、そのまま車列を組んでPSAグループのミュルーズの工場へ移動した。

その後、フランス・ミュルーズ工場において、DS7クロスバックが熟練した職人の手によって組み立てられる様子を見学するなどした、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集