コンチネンタル、最新の自動車向けサイバーセキュリティソリューションを発表へ…MWC 2018

自動車 テクノロジー ネット

コンチネンタルの最新の自動車向けサイバーセキュリティソリューション(イメージ)
  • コンチネンタルの最新の自動車向けサイバーセキュリティソリューション(イメージ)
コンチンネンタルは、スペインで2月26日に開幕する世界最大規模の携帯通信関連見本市、「MWC (モバイル・ワールド・コングレス)2018」において、最新の自動車向けサイバーセキュリティソリューションを発表する。

コンチネンタルは2017年秋、車両サイバーセキュリティ分野の拡大と強化のため、同分野で世界有数の企業であるイスラエルのアルグス・サイバー・セキュリティ社を買収。MWC 2018では、アルグス社の技術を導入した最新の自動車向けサイバーセキュリティソリューションを初公開する予定。

例えば、車両の侵入検知と予防、アタックサーフェス保護、セキュリティオペレーションセンター(SOC)によるフリートサイバーセキュリティ状態モニタリングと管理をはじめ、マルチレイヤーのエンド・ツー・エンド車両サイバーセキュリティソリューションおよびサービスを共同開発。車両のライフスパン全体でセキュリティを確保する。

また、無線ソフトウェアアップデートも提供。アルグスの技術は、自動車メーカーとそのサプライヤー、独立第三者機関によってテストされており、競合他社を上回る性能が繰り返し実証されている、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集