トヨタTRDプロ、2019年型はオフロード性能向上…シカゴモーターショー2018で公開

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタTRDプロの2019年モデル(4ランナー/タンドラ/タコマ)
  • トヨタTRDプロの2019年モデル(4ランナー/タンドラ/タコマ)
  • トヨタTRDプロの2019年モデル(4ランナー)
  • トヨタTRDプロの2019年モデル(タコマ)
  • トヨタTRDプロの2019年モデル(タンドラ)
  • トヨタTRDプロの2019年モデル
  • トヨタTRDプロの2019年モデル
  • トヨタTRDプロの2019年モデル
トヨタ自動車の米国部門は2月8日、米国で開幕したシカゴモーターショー2018において、『TRDプロ』の2019年モデルを初公開した。

トヨタは4年前のシカゴモーターショー2014において、TRDプロ・シリーズを発表。これは、「TRD」(トヨタ・レーシング・デベロップメント)の名前を冠したオフロードパッケージ。

シカゴモーターショー2018で初公開されたTRDプロの2019年モデルは、最新のTRDプロ。前回同様、大型ピックアップトラックの『タンドラ』、中型ピックアップトラックの『タコマ』、SUVの『4ランナー』の3車種に設定された。

3車種ともに、オフロードでの走行性能を引き上げているのが特徴。タンドラと4ランナーではFOX製のダンパー、タコマでは新開発のTRD製デザート・エアインテーク(シュノーケル)を装着する。

さらに、4ランナーには、新デザインのTRDルーフラックを用意。タンドラには、リジットフォグライトとBBS製ホイールを装着。全モデルが、FOX製の2.5インチのインターナルバイバスショックを装着して、オフロードでの走破性を追求している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集