ZMPの物流支援ロボット CarriRo 2018年モデル受注開始…可搬重量1.5倍、Uターン1.5m

自動車 ニューモデル モビリティ
ZMP CarriRo 2018 年モデル
  • ZMP CarriRo 2018 年モデル
  • CarriRoピッピによるソフトウェアアップデート(イメージ)
ZMPは24日、物流支援ロボット『CarriRo』(キャリロ)の2018年モデルの受注を開始したと発表した。3月より出荷を開始する予定。CarriRoは、ZMPの自動運転技術を台車に応用して開発された台車型物流支援ロボットだ。

ジョイスティックによる操作ができるドライブモード、およびビーコン(発信機)を自動追従するカルガモモードを有している。2016年8月より販売を開始した。搬送作業負荷を軽減し、省人化・効率化することを目的として、物流倉庫のピッキング作業や工場内の工程間搬送、または駅、空港、商業施設内などでの館内物流などで導入されている。

2018年モデルは駆動システムを改良したことにより、8時間の連続稼働時間はそのままに、可搬重量が従来の100kgから150kgに増加した。また、積載物への衝撃緩和機能や、追従時に狭い通路幅でUターンできる機能を追加した。幅1.5m程度の通路でのUターンが可能だ。

さらに、タブレットによるセルフメンテナンスツールであるCarriRoピッピに、ソフトウェアアップデート機能を搭載し、アップデートによる性能改善や品質強化をユーザー自身が実施できるようになった。

価格は5年リースで1台月額2万8000円(税別)。
《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース