20分の急速充電で航続600km、サムスンSDIが次世代バッテリー発表…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

サムスンSDIの次世代バッテリー(デトロイトモーターショー2018)
  • サムスンSDIの次世代バッテリー(デトロイトモーターショー2018)
  • サムスンSDIのブース(デトロイトモーターショー2018)
韓国のサムスンSDIは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、EVなどの電動車両向けの次世代バッテリーシステムを発表した。

この次世代バッテリーシステムは、20分間の急速充電で、最大600kmの航続を可能にしている点が特徴。「グラフェンボール」と呼ばれる新技術によって、現行のリチウムイオンバッテリーに対して容量を45%増やしながら、5倍の速さでの急速充電を実現するという。

また、この次世代バッテリーシステムには、37Ah、50Ah、60Ah、94Ahの4種類を設定。EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車に、幅広く対応していく。

この他、サムスンSDIはデトロイトモーターショー2018において、最新のソリッドステートバッテリー(全固体電池)を出展。ソリッドステートバッテリーは、EVなど現在の電動車で主流のリチウムイオンバッテリーが液体を使用しているのに対して、液体を使わず固体で構成されるバッテリー。エネルギー密度や安全性などの面で、リチウムイオンバッテリーよりも優れ、次世代のバッテリーとして注目されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集