ネクステア、自動運転向け新ステアリング技術を発表…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

ネクステアとコンチネンタルの合同プレスカンファレンス(デトロイトモーターショー2018)
  • ネクステアとコンチネンタルの合同プレスカンファレンス(デトロイトモーターショー2018)
  • ネクステアの自動運転向け新ステアリング技術(デトロイトモーターショー2018)
  • ネクステアの自動運転向け新ステアリング技術(デトロイトモーターショー2018)
米国に本拠を置くネクステアオートモーティブは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新開発の自動運転向けステアリング技術を発表した。

ネクステアオートモーティブは、電気・油圧ステアリングシステム、ステアリングコラム、駆動系製品、先進運転支援システム(ADAS)、自動運転技術を自動車メーカーに納入。顧客には、BMW、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)、フォードモーター、GM、PSAグループ、トヨタ、フォルクスワーゲンのほか、インド、中国の自動車メーカーが名前を連ねる。

ネクステアオートモーティブがデトロイトモーターショー2018で発表したのが、新開発の自動運転向けステアリング技術。「ステアリング・オン・デマンド・システム」は、ボタンを押すか、ステアリングホイールをつかむだけで、SAE(全米自動車技術協会)の「レベル3」の自動運転に対応する。また、マニュアル運転と自動運転の両方で、安全かつ直観的なステアリング転換制御も可能にするという。

「クワイエット・ホイール・ステアリング」は、自動運転モードで車両が方向転換中でも、ステアリングホイールが回転せず、静止状態を維持にするシステム。

また、「Stowableステアリングコラム」は、クワイエット・ホイール・ステアリング装備車向けのアイテム。自動運転中に格納されるステアリングコラムの装着が可能。ドライバーが自動運転車の車内で、運転操作以外のことを行うスペースを広げる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集