千葉モノレールが開業30周年記念ロゴデザインを募集…キャラクター「モノちゃん」も使用可 1月30日締め切り

鉄道 企業動向
今年3月に最初の開業から30周年を迎える千葉モノレール。写真は2012年に登場した0形。
  • 今年3月に最初の開業から30周年を迎える千葉モノレール。写真は2012年に登場した0形。
千葉みなと駅(千葉市中央区)と県庁前駅(千葉市中央区)・千城台(ちしろだい)駅(千葉市若葉区)を結ぶ千葉都市モノレール(千葉モノレール)は、1月30日までロゴデザインを募集している。

1988年3月に、2号線のスポーツセンター~千城台間が最初に開業してから今年で30周年を迎えることを記念した募集。対象は、千葉モノレールの開業30周年が明確に伝わるデザイン。同社のキャラクター「モノちゃん」を使用することもでき、その際はオリジナル性を維持する範囲での改変も可能。

提出データはアドビ製のアプリケーション「イラストレーター」または「フォトショップ」で制作したもので、応募に際しては、作品データのほか、A4版のカラー、白黒両方のロゴデザインプリントと、デザインコンセプトの趣意書も提出する。

応募は1月30日必着で、「千葉都市モノレール株式会社開業30周年記念事業実行委員会」まで郵送または持参で。

応募された作品は2月1日に審査され、採用された場合は、デザイン制作費として10万円(税別)が支給される。採用作品の一切の権利は千葉モノレールに譲渡され、看板や広告物、名刺などに広く活用される予定。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集