アキュラ、高性能な「タイプS」を10年ぶり復活へ…デトロイトモーターショー2018で発表

自動車 ニューモデル モーターショー

2002年モデルのアキュラRSX(日本名:ホンダ・インテグラ)のタイプS
  • 2002年モデルのアキュラRSX(日本名:ホンダ・インテグラ)のタイプS
  • 2008年モデルのアキュラTLのタイプS
  • 2002年モデルのアキュラTL(日本名:ホンダ・インスパイア)のタイプS
  • タイプSのロゴマーク
  • アキュラ(デトロイトモーターショー2018) (c) Getty Images
ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、アキュラのラインナップに近い将来、「タイプS」を復活させると発表した。

タイプSは、アキュラブランドの高性能車に冠される名称。サーキット走行も視野に入れたシャシーの強化をはじめ、よりパワフルなエンジン、大容量ブレーキ、高性能タイヤ、スポーティな内外装が採用される。

アキュラが最後にタイプSを用意していたのは、2008年モデルの『TL』。過去には、『TSX』(日本名:ホンダ『インテグラ』)や初代『NSX』にも設定されたことがあるタイプSが、およそ10年ぶりに復活を果たす。

タイプSの設定は、今後数年以内に開始される予定。中核モデルのトップグレードとして、ラインナップする、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集