日産の米国販売が新記録、1.9%増の159万台 2017年

日産自動車の米国法人、北米日産は1月3日、2017年の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、新記録となる159万3464台。前年比は1.9%増だった。

自動車 ビジネス 海外マーケット
日産ローグスポーツ
  • 日産ローグスポーツ
  • 日産マキシマ
  • 日産タイタン・クルーキャブ
  • 日産アルティマ
  • 日産ムラーノ
  • 日産パスファインダー
日産自動車の米国法人、北米日産は1月3日、2017年の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、新記録となる159万3464台。前年比は1.9%増だった。

159万3464台のうち、日産ブランドは過去最高の144万0049台。前年比は1%増だった。

日産ブランドの乗用車系では、主力車種の『アルティマ』(日本名:新型『ティアナ』)が、25万4996台。前年比は17%減と、引き続き落ち込む。『セントラ』は21万8451台を販売。前年比は1.7%増と前年超えを保つ。『ヴァーサ』は10万6772台にとどまり、前年比は19.2%減と減少傾向。2015年初夏に新型を投入した『マキシマ』は、7.9%増の6万7627台と、引き続き伸びる。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、小型SUVの『ローグ』(日本名:『エクストレイル』)が、新記録の40万3465台を販売。前年比は22.3%増と伸び、2年連続で日産ブランド最量販車に。大型ピックアップトラックの『タイタン』は、141.9%増の5万2924台と、新型が好調。『ムラーノ』は、11.8%減の7万6732台とマイナスに転じた。

日産の2017年米国新車販売のうち、乗用車は73万1687台にとどまり、前年比は9.8%減。一方、SUVなどのライトトラックは過去最高の86万1777台。前年比は14.4%増と、2桁の伸び率を達成している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集