ヤマハ FZ25、インドデザイン賞に初応募で初受賞

ヤマハ発動機のインド子会社、インディアヤマハモーターが生産・販売するスポーツバイク『FZ25』が、インドの産業界団体が主催するデザイン賞「CII デザイン エクセレンス アワード」に初応募で初受賞した。

モーターサイクル 企業動向
ヤマハFZ25
  • ヤマハFZ25
ヤマハ発動機のインド子会社、インディアヤマハモーターが生産・販売するスポーツバイク『FZ25』が、インドの産業界団体が主催するデザイン賞「CII デザイン エクセレンス アワード」に初応募で初受賞した。

同賞は、インドで製造または販売されている製品を対象としたデザイン賞で、2011年の設立から、今回で7回目の開催。FZ25は、「Two-wheelers Commercial」部門から「Mobility Design」カテゴリでの受賞となった。

FZ25は、街中での実用領域で優れた走行性能を実現するトルクフルなFI搭載250cc単気筒エンジンを148kgの軽量ボディに搭載したストリートモデル。2008年から導入したFZシリーズは、インド市場では比較的高価格カテゴリの製品だが、若年層の支持を得て、発売以来の累計販売が150万台と、人気のモデルとなっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集