血液製剤を輸送していた緊急車両が出会い頭衝突して転覆

19日午後2時ごろ、熊本県熊本市中央区内の国道3号で、血液輸送のために緊急走行していたワゴン車と、交差進行してきた乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。信号待ちをしていた1台も巻き込まれたが、人的な被害は無かった。

自動車 社会 社会
19日午後2時ごろ、熊本県熊本市中央区内の国道3号で、血液輸送のために緊急走行していたワゴン車と、交差進行してきた乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。信号待ちをしていた1台も巻き込まれたが、人的な被害は無かった。

熊本県警・熊本北署によると、現場は熊本市中央区紺屋今町付近で片側2車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。熊本県赤十字血液センターが所有するワゴン車は市内の病院へ向けて血液製剤を輸送するために緊急走行を実施。サイレンと赤色灯を使用した状態で赤信号の交差点を通過しようとしていたが、左方向から交差進行してきた乗用車と出会い頭に衝突。押し出された弾みで転覆状態となり、右折待ちをしていた別のワゴン車とも衝突するなど、車両3台が関係する多重衝突に発展した。

この事故で出会い頭衝突した2台が中破。人的な被害は無かったが、乗用車に同乗していた50歳代の女性が事故後に気分不良を訴え、近くの病院へ収容されている。ワゴン車に積載されていた血液製剤は別の車両に載せ換えて輸送されている。

現場は昼夜を通して交通量が非常に多い交差点。警察では交差点進入時の安全確認に怠りがあったものとみて、双方の運転者から事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

☆☆☆

交通量が非常に多い交差点で発生した緊急走行車両との出会い頭衝突事故。血液製剤を輸送していた赤十字の車両は側面に突っ込まれたことで転覆しており、衝突速度はそれなりに高かったとみられる。

赤信号で交差点に進入しているのは緊急走行車両の側ではあり、こちらが注意を怠らないのはもちろんだが、青信号で進行している車両も「信号が青だから…」と油断してもよいわけではない。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集