メルセデス Gクラス 新型、デトロイトモーターショー2018で初公開へ…最新コネクト採用

メルセデスベンツは12月13日、米国で2018年1月に開催されるデトロイトモーターショー2017において、新型『Gクラス』を初公開すると発表した。

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
メルセデスベンツは12月13日、米国で2018年1月に開催されるデトロイトモーターショー2017において、新型『Gクラス』を初公開すると発表した。

現行Gクラスは1979年、『ゲレンデヴァーゲン』としてデビュー。以来、細かな改良を実施しながら、基本設計を変えることなく、およそ40年に渡って生産され続けてきた。そのGクラスが、初のフルモデルチェンジを受ける。

新型Gクラスの特徴のひとつが、最新のコネクティビティの採用。ステアリングホイール上のボタンは、スマートフォンなどと同様、タッチセンサー機能を内蔵。これにより、インフォテインメントの各機能を、ステアリングホイールから手を離さずに、操作することができる。

また、2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを設定。この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイは、空中に浮かんでいるように見えるデザインとした。

このディスプレイはデジタル仕様となっており、正面のディスプレイにはドライバーに必要な情報を中心に表示。センターコンソール上のディスプレイには、インフォテインメントを中心に表示する。なお、コックピットディスプレイのデザインは、「クラシック」、「スポーツ」、「プログレッシブ」の3種類から選択可能。また、アームレストには、ワイヤレス充電を装備することもできる。

なお、新型Gクラスについては、現時点ではインテリアのみが公開されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集