バリアフリー化の進捗状況、ノンステップバスが3.2ポイントアップの53.3% 2016年度末

自動車 ビジネス 企業動向
車両等のバリアフリー化の推移
  • 車両等のバリアフリー化の推移
  • 旅客施設におけるバリアフリー化の推移
  • 中型ノンステップバス、いすゞエルガミオ(SDG-LR290J1)
国土交通省は、バリアフリー法に基づく2016年度末時点でのバリアフリー化の進捗状況を公表した。

2016年度末の車両のバリアフリー化についてはノンステップバスが前年度末と比べて3.2ポイントアップの53.3%となり、バリアフリー化が進んだ。リフト付バスは0.1ポイントアップの6.0%にとどまっている。鉄軌道車両は2.5ポイントアップの67.7%だった。

福祉タクシーは前年度から102台増えて1万5128台となった。旅客船は3.7ポイントアップの40.3%、航空機が0.8ポイントアップして97.1%だった。

2016年度末時点での全旅客施設でのバリアフリー化は段差解消が前年度末から1.1ポイントアップして87.2%となった。視覚障害者誘導用ブロックは0.2ポイントアップして93.8%、障害者用トイレは1.2ポイントアップして84.2%となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集