「出雲の風景」を車内にも…一畑電車、新型7000系電車の車内装飾を計画

鉄道 企業動向

10月14日から営業運行に入っている「棚田」をモチーフにしたデハ7003。
  • 10月14日から営業運行に入っている「棚田」をモチーフにしたデハ7003。
  • 「出雲大社御本殿」をモチーフにしたデハ7001の車内装飾案。
  • 「宍道湖」をモチーフにしたデハ7002の車内装飾案。
  • 「棚田」をモチーフにしたデハ7003の車内装飾案。
  • 「三瓶山」をモチーフにしたデハ7004の車内装飾案。
島根県の一畑電車は12月12日、2016年から導入している新型電車7000系に車内装飾を施すことを明らかにした。

7000系は、JR四国7000系をベースに、JR西日本225系の電気機器を組み合わせて製造された電車で、一畑電車としては、前身の一畑電気鉄道を含めて86年ぶりとなる新造車となった。

2017年度中までに4両が導入される計画で、現在は3両が運用に入っている。外観は「出雲の風景」をテーマにしたラッピングが施されており、デハ7001は「出雲大社御本殿」、デハ7002は「宍道湖」、デハ7003は「棚田」、デハ7004は「三瓶山(さんべさん)」をモチーフにしている。

今回は、車内にそれぞれのモチーフに合わせた装飾を施すことになり、合わせて島根県の観光キャラクター「しまねっこ」のオブジェも設置するとしている。

竣工は4両目のデハ7004が営業運行に入る2018年3月上旬を予定している。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集