東京丸の内で自動運転シャトルバス運転、一般向け試乗会 12月22日

自動車 テクノロジー ITS
ナビヤ・アルマ
  • ナビヤ・アルマ
  • 場所:丸の内仲通り 明治安田生命ビル前
ソフトバンクと三菱地所は、ソフトバンクグループのSBドライブの協力を得て、東京都千代田区の丸の内仲通りで、自動運転シャトルバスの試乗会を12月22日に実施する。

東京23区内の公道を自動運転車両が走行するのは今回が初めてで、一般消費者にも試乗機会を提供する。

自動運転車両によるバスの運行は、運転手不足や路線維持などの交通事業者が抱える課題解決や、交通弱者の移動を支援する手段の一つとして実用化が期待されている。今回、都心部での実験を通して一般利用者や交通業界全体に訴求し、自動運転バスの実用化による公共交通の維持・改善につなげていく構え。

試乗会の参加は事前応募制。自動運転バスはSBドライブが所有する運転席のない自動運転シャトルバスであるフランスのナビヤの『アルマ』を使用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集