スバル BRZ 2018年型はサーキット向けコネクト装備【ロサンゼルスモーターショー2017】

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル BRZ の2018年モデル
  • スバル BRZ の2018年モデル
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『BRZ』の2018年モデルを初公開した。

BRZは2017年モデルで、外観とパフォーマンスの大幅な改良を実施。2018年モデルでは、快適性と利便性の向上に重点を置いた改良が施された。

上級グレードの「プレミアム」には、最新の車載コネクティビティ「スバルSTARLINK」の6.2マルチメディアシステムを採用。高解像度多機能タッチスクリーンディスプレイを装備する。Bluetoothによるハンズフリー電話接続をはじめ、オーディオストリーミングとスマートフォンを統合。リアビジョンカメラも装備された。

「リミテッド」グレードには、専用の4.2インチLCDマルチファンクションディスプレイを採用。横加速度、アクセルペダルの開度、制動力、操舵角、オイルとクーラントの温度、バッテリー電圧などの車両性能データを表示する。ラップタイムを記録するためのストップウォッチも付く。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集