国内外からの来場者数1万7000人…盛況だったホットロッドカスタムショー2017

モーターサイクル エンタメ・イベント

今年も大盛況だったホットロッドカスタムショー。
  • 今年も大盛況だったホットロッドカスタムショー。
  • 今年も大盛況だったホットロッドカスタムショー。
  • 今年も大盛況だったホットロッドカスタムショー。
  • 今年も大盛況だったホットロッドカスタムショー。
  • 今年も大盛況だったホットロッドカスタムショー。
  • 今年も大盛況だったホットロッドカスタムショー。
  • 今年も大盛況だったホットロッドカスタムショー。
  • 今年も大盛況だったホットロッドカスタムショー。
『第26回ヨコハマ ホットロッドカスタム ショー2017』(12月3日、パシフィコ横浜)の入場者数が、1万7000人だったことを主催者が発表した。

海外からの来場者も1500人を集め、国内外で高く注目されたことがわかる。メディアも海外から多く駆けつけ、国内と合わせ250名だった。

2014年から始まったキャンペーン「Grow Together -SODATEYOU-」は、成熟したカルチャーになるように、みんなで育てようというもの。1つにはバイクでの来場を一切禁止とし、近隣みなとみらい地区エリアへの騒音問題を起こさぬよう配慮した。今年も会場外の静寂は保たれ、来場者にも定着しつつある。

外の静けさが嘘のようにイベントは1日を通して熱気にあふれ、プロスケートボーダーのスティーブ・キャバレロがゲストとして呼ばれるなど、例年以上に終日さまざまな企画で盛り上がった。

参加台数はモーターサイクルが650台、四輪車が300台で、販売ブースは330枠にものぼり、さらにCollectivities Alley 22枠、International Village 60ブース、Pinstripers 45名、Mini Car,Model Car,Pedal Car 40枠、Color the Temptation Custom Paint Contest 80エントリーと、隅から隅まで見どころが目白押し。

合計100ものアワードが選ばれ、ステージでは4つのバンドが会場内をヒートアップさせた。ショーを彩る女性たちも注目を集めたのは言うまでもない。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集