日本の警察にシボレー、レアな車両をミニカーで再現…800台限定

ヒコセブンは、警察車両をメインとするミニカーオリジナルブランド「RAI'S」より、『シボレー エクスプレス L3500 2008 警察本部警備部要人警護車両』の販売予約受付を12月6日からモデルギャラリーHIKO7及び全国模型取扱店にて開始した。

自動車 ビジネス 国内マーケット
RAI'S『シボレー エクスプレス L3500 2008 警察本部警備部要人警護車両』1/43スケールミニカー
  • RAI'S『シボレー エクスプレス L3500 2008 警察本部警備部要人警護車両』1/43スケールミニカー
  • RAI'S『シボレー エクスプレス L3500 2008 警察本部警備部要人警護車両』1/43スケールミニカー
  • RAI'S『シボレー エクスプレス L3500 2008 警察本部警備部要人警護車両』1/43スケールミニカー
  • RAI'S『シボレー エクスプレス L3500 2008 警察本部警備部要人警護車両』1/43スケールミニカー
  • RAI'S『シボレー エクスプレス L3500 2008 警察本部警備部要人警護車両』1/43スケールミニカー
株式会社ヒコセブン(神奈川県横浜市)は、警察車両をメインとするミニカーオリジナルブランド「RAI'S」より、『シボレーエクスプレスL3500 2008警察本部警備部要人警護車両』の販売予約受付を、12月6日からモデルギャラリーHIKO7(神奈川県横浜市)および全国模型取扱店で開始した。

シボレー警護車両は、アメ車のトヨタ『ハイエース』とも言える、シボレー『エクスプレス』を使用した警護車両だ。日本の警察がパトカーとしてアメリカ車を採用することは珍しく、2008年の北海道洞爺湖サミットに合わせて警視庁や大阪府警察、福岡県警察など大都市を持つ県警に配備された。現在でも外国要人が来日した際などに運用されているという。

そんなレアなアメ車の日本警察車両をRAI'Sでは一度限りの限定生産モデルとして800台を用意する。1/43スケール(約13cm)レジン製のこのミニカーは、パトカーとして必須の赤色灯や各種アンテナ類、ボディの両側と後の窓についているガンポート(銃眼)を再現している。

価格は税別1万5000円で、2018年1月下旬から2月の発売を予定している。
《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集