ポルシェが蜂蜜メーカーに? ドイツ工場で初の収穫に成功

自動車 ビジネス 企業動向

ポルシェが蜂蜜メーカーに? ドイツ工場で初の収穫に成功
  • ポルシェが蜂蜜メーカーに? ドイツ工場で初の収穫に成功
  • ポルシェが蜂蜜メーカーに? ドイツ工場で初の収穫に成功
ポルシェは12月4日、ドイツ・ライプツィヒ工場において、初めて蜂蜜の収穫に成功した、と発表した。

ポルシェは2017年5月、ライプツィヒ工場のオフロードエリアの25か所に、ミツバチの養蜂場を設置。およそ150万匹のミツバチが巣を作り、その結果、400kgの蜂蜜が収穫された。この蜂蜜は、ライプツィヒ工場のカスタマーセンターで販売されている。

ポルシェは2002年、ライプツィヒ工場のオフロードエリアに、エクスムーア・ポニーとオーロックス牛のコロニーを設けた。132ヘクタールの自然環境には、さまざまな種類の鳥類、両生類、ウサギ、シカ、コウモリなどが生息している。

なおポルシェは現在、ライプツィヒ工場において、SUVの『マカン』や4ドアスポーツの『パナメーラ』の生産を行う。

ポルシェのライプツィヒ工場のGerd Rupp氏は、「ミツバチは、来春に再び活動する前に、オフロードエリアで冬を過ごすだろう。来年も引き続き、この活動を拡大していきたい。私たちの自然保護区は、ミツバチに理想的な環境を提供している」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集