ST、スマートドライビング用アプリに向けたオープンソース開発環境を発表

STマイクロエレクトロニクスは12月7日、スマートドライビング向けアプリケーションの試作開発を可能にするオープンソース開発環境「モジュラー テレマティクス プラットフォーム(MTP)」を発表した。

自動車 テクノロジー 安全
モジュラー テレマティクス プラットフォーム
  • モジュラー テレマティクス プラットフォーム
STマイクロエレクトロニクスは12月7日、スマートドライビング向けアプリケーションの試作開発を可能にするオープンソース開発環境「モジュラー テレマティクス プラットフォーム(MTP)」を発表した。

MTPは、最先端のセキュリティ機能を備えた車載用テレマティクスプロセッサ「Telemaco3P」をベースとしたコアモジュールを中心に、包括的な車載用の通信機能をオンボードまたはプラグインモジュールの形態で実装。Telemaco3Pは主要な自動車メーカーおよび車載機器メーカーに採用されており、さらにMTPを活用することで、Telemaco3Pを使用したアプリケーションの開発を加速させることができる。

MTPには、複数の衛星測位システムに対応した車載用GNSS測位ICと推測航法用センサを組み込まれており、Telemaco3Pに内蔵された車載用セキュリティモジュールは、オプションのST33セキュアエレメントを追加することでさらに機能強化できる。またCAN、FlexRay、BroadR-Reach(100Base-T1)などの車載用バスを基板に直接接続できるとともに、オプションで無線用モジュールも追加可能。遠隔診断や、電子制御ユニット(ECU)用ファームウェアの無線通信によるセキュアな更新(FOTA)にも対応する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集