石北本線で車内販売が一時復活…沿線の特産品など販売 12月16日から

鉄道 企業動向

上り1本で区間限定ながら、車内販売が復活する特急『大雪』。
  • 上り1本で区間限定ながら、車内販売が復活する特急『大雪』。
JR北海道は、12月16日から札幌~網走間の特急『オホーツク』、旭川~網走間の特急『大雪』で、石北本線沿線の特産品を扱う車内販売を行なう。石北本線での車内販売は、2015年春に廃止されて以来の復活となる。

JR北海道では、今年3月のダイヤ改正を機に、札幌~函館間の特急『スーパー北斗』『北斗』を除いて、全面的に車内販売を廃止していた。

しかし、利用者の間で不便を感じる声が高まったことから、7~9月の12日間、『スーパーおおぞら4・5号』のトマム駅(占冠町)~帯広駅(帯広市)間で、沿線の特産品を扱う車内販売が一時的に実施された。

今回は、石北本線を走る『オホーツク1号』の遠軽駅(遠軽町)→網走駅(網走市)間、『大雪4号』の美幌駅(美幌町)→遠軽駅間でも実施されることなり、沿線の北見市・網走市・遠軽町・大空町・美幌町と北海道オホーツク総合振興局が、日替わりで販売を受け持つことになった。

12月16・17日・23・24日、2018年1月13・14・20・21・27・28日、2月3・4日の12日間に実施されるが、JR北海道ではこの販売に対する使用料は徴収しないとしている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集