GSユアサ、ECO.R ENJシリーズをリニューアル…日本車専用EN規格バッテリー

GSユアサは12月4日、電池工業会規格(SBA)として制定されたEN規格の自動車用鉛バッテリー「ECO.R ENJ」シリーズをリニューアル発売した。

自動車 ビジネス 国内マーケット
GSユアサ ECO.R ENJシリーズ
  • GSユアサ ECO.R ENJシリーズ
GSユアサは12月4日、電池工業会規格(SBA)として制定されたEN規格の自動車用鉛バッテリー「ECO.R ENJ」シリーズをリニューアル発売した。

EN(European Norm)規格とは、寒冷な気候に合わせた欧州の統一規格。鉛バッテリーに求められる性能も、低温時の始動性能を示すCCA(Cold Cranking Ampere)の優劣が重視される傾向にあるため、高温多湿な日本での使用には最適化する必要がある。

近年、新車メーカーのグローバル調達思想によって、このEN規格バッテリーが搭載された日本車が増加傾向にある。GSユアサが開発した「ECO.R ENJ」シリーズは、日本の気候風土に適応し、かつJISの安全性にも合致した日本仕様のEN規格バッテリー。電解液の最高液面と最低液面間に十分な電解液量を確保し、危険な液枯れリスクを低減するほか、二重蓋構造で優れたメンテナンスフリー性能を発揮。補水可能な液口栓も備える。

今回のリニューアルでは、ハイブリッド車の補機用だけでなく、エンジン始動用にも対応するとともに、ラインアップを6種類へと大幅に拡充した。価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集