ジャガー F-PACE、2018年モデルの受注開始…INGENIUMガソリンエンジン導入

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー F-PACE(2018年モデル)
  • ジャガー F-PACE(2018年モデル)
  • ジャガー F-PACE(2018年モデル)
  • ジャガー F-PACE(2018年モデル)
  • ジャガー F-PACE(2018年モデル)
  • ジャガー F-PACE(2018年モデル)
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー『F-PACE』2018年モデルの受注を12月1日より開始した。

2018年モデルでは、設計から生産まで自社で手がけた2リットル直列4気筒「INGENIUMガソリンエンジン」2種類(最高出力250ps、300ps)を新たに導入する。最高出力180psのINGENIUMディーゼル、最高出力380psの3リットルV型6気筒スーパーチャージドガソリンと合わせ、4種類のエンジンを用意。またラグジュアリーなインテリアが特長の新グレード「ポートフォリオ」を追加し、全9機種をラインアップした。

インフォテインメントシステム「インコントロール タッチ」には、オプションで通信機能を新たに導入。ドアロックや解除、エアコン操作、走行履歴や車両状態の確認などをスマートフォンで遠隔操作できるほか、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐこともできる。また、デュアルビュー機能を新採用。運転席と助手席乗員が同時に異なるコンテンツを10.2インチタッチスクリーン上で見ることができる。

安全面では、車の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示し運転操作をサポートするサラウンドカメラシステムを強化し、フォワードトラフィックディテクションを新たに採用することで、視界が遮られる場所などで前方に進む際の衝突回避をサポートする。

実用面では、新たにタイヤリペアキットをオプションに追加。通常時は508リットルのラゲッジルームを650リットルに拡大できる。また、40:20:40の分割可倒式リアシートにより、乗車人数や荷物の量に合わせたアレンジも可能で、リアシートをすべて倒せば、最大1740リットルのラゲッジスペースを確保できる。

価格は640万円から982万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集