フィアット 500、ツインエア& 5MTの限定車発売…ビーツサウンドも搭載

自動車 ニューモデル 新型車

フィアット 500S Decibel(デチベル)
  • フィアット 500S Decibel(デチベル)
  • フィアット 500S Decibel(デチベル)
  • フィアット 500S Decibel(デチベル)
  • フィアット 500S Decibel(デチベル)
  • フィアット 500S Decibel(デチベル)
  • ビーツオーディオプレミアムサウンドシステム
  • フィアット 500S Decibel(デチベル)
FCAジャパンは、フィアット『500』に特別仕様車「500S Decibel(デチベル)」を設定し、12月2日より90台限定で発売する。

500Sデチベルは、独特なエンジンフィールを持つ2気筒875ccツインエアエンジンと、標準モデルには設定のない5速MTを組み合わせた限定車。エンジンの鼓動を感じながらダイレクトに車を操る楽しみを提供するとともに、連続可変バルブタイミング&リフト機構やスタート&ストップシステムの採用により、26.6km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現している。

ボディカラーは、テックハウスグレーとクロスオーバーブラックの2色を採用。さらに7スポークデザインの16インチアロイホイールによりスポーティな雰囲気を強調している。インテリアでは、ビーツオーディオプレミアムサウンドシステムを搭載。大出力440W、8チャンネルのパワーアンプにより、臨場感あふれるサウンドを楽しめる。

なお車名の「デチベル」は、イタリア語で音圧レベルの単位「デシベル」を意味するもので、ツインエアエンジンとビーツオーディオがそれぞれ独特のサウンドを奏でることに由来している。

価格は238万6800円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集