オートバックスがドローン飛行場を開設、兵庫県三木市…練習・試験・イベントなど

航空 企業動向

オートバックス エアベース(全景)
  • オートバックス エアベース(全景)
  • オートバックス エアベース(イメージ)
  • オートバックス エアベース(地図)
  • オートバックス エアベース(ロゴ)
オートバックスセブンは、近畿圏最大級となるドローン飛行場「オートバックス エアベース」を11月25日、兵庫県三木市にオープンすると発表した。

オートバックス エアベースは、三木市にある同社物流拠点「西日本ロジスティクスセンター」の敷地内に開設。飛行エリアは1万平米(約3030坪)で、近畿圏最大級の規模となる。同飛行場は、ドローンの操縦・飛行技術の向上を目的とした練習場として利用できるほか、ドローン協会等と協力して飛行検定試験やドローンの体験イベント、ドローンレースなどの開催も予定している。

同社は、2017年9月より、DJIジャパンと正規代理店を締結し、一部のオートバックスグループ店舗にてドローン販売を開始。今回、ドローン飛行場を開設し、ドローンパイロットとしての知識や航空法などを学び、操縦技術を身に付ける場を提供する。

オートバックス エアベースの営業時間は土日の10時から17時までで、施設利用料は2時間3000円。11月17日から専用ウェブサイトより予約受付を開始する。

また同社は、ドローンの製品紹介やイベント情報などを紹介するポータルサイトも開設。安全に飛行するためのガイドやDJI製品の取扱店舗などを掲載している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集