ITで運転士を支援…JR東海が在来線運転にタブレット端末を導入 11月28日から

鉄道 テクノロジー
タブレット端末の導入により、一斉に文字による情報伝達が可能になるので、運転士と指令員とのやりとりが、より確実で迅速になる。
  • タブレット端末の導入により、一斉に文字による情報伝達が可能になるので、運転士と指令員とのやりとりが、より確実で迅速になる。
  • GPSと連動させることにより、規制区間に差しかかると、その旨を画面と音で通知することが可能になる。
  • 津波などの異常時には警報を自動受信し、GPSと津波避難マップとの連動で、避難ルートを迅速に把握することが可能になる。
JR東海は11月8日、在来線運転士用のタブレット端末「CAST」の使用を11月28日から開始すると発表した。

CASTとは「Crew Assistance System Tokai」の略で、「運転士が安全・安定輸送における重要な『役目』を担っていること」「運転士業務支援」の意味を掛け合わせて命名した。

CASTの導入により、これまで口頭で行なっていた指令員から運転士への情報伝達を文字情報で行なえるほか、GPSと連動させることで、速度規制区間などを画面表示と音で運転士に知らせることができる。また、津波警報などを自動で受信し、津波避難マップとGPSを活用して、避難ルートを速やかに表示することも可能になるという。

このCASTは中央本線・身延線・御殿場線へ最初に導入し、一部機能の使用を開始するが、2018年3月末までには在来線全12線区に938台を導入し、すべての機能を使えるようにする計画だ。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース