自動運転のオートリブ、営業利益は17%減 第3四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向

オートリブの自動運転技術の開発車両
  • オートリブの自動運転技術の開発車両
スウェーデンに本社を置く自動車安全システムサプライヤーで、自動運転技術も手がけるオートリブは10月26日、2017年第3四半期(7~9月)の決算を公表した。

同社の発表によると、売上高は25億0040万ドル(約2855億円)。前年同期の24億6130万ドルに対して、1.6%増加した。

一方、第3四半期の営業利益は、1億5870万ドル(約181億円)。前年同期の1億9110万ドルに対して、17%の減益となった。

減益の要因は、本業のパッシブセーフティ部門。第3四半期の同部門の業績は、売上高が前年同期比2.8%増の19億5240万ドル。しかし、営業利益は1億6170万ドルにとどまり、前年同期の1億9080万ドルに対して、15.3%の減益となった。

そんな中、第3四半期には、エアバッグが新型ホンダ『アコード』や三菱『エクリプスクロス』、新型フォルクスワーゲン『ポロ』、シトロエン『C6エアクロス』などに、新たに採用。新型ポルシェ『カイエン』にはシートベルトやナイトビジョン用カメラ、新型ホンダ『N-BOX』にはブレーキやシートベルトプリテンショナー、助手席エアバッグを納入している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集