ボッシュとインクリメントPと提携---日本の自動運転車向け高精度地図を作成

自動車 ビジネス 企業動向

ボッシュロードシグネチャーの概念図
  • ボッシュロードシグネチャーの概念図
ボッシュは、パイオニア子会社のインクリメントPと車載センサーを使った自動運転用高精度地図の分野で協業することで合意したと発表した。

自動運転車は、自車の正確な位置情報を常に把握している必要がある。ボッシュは現在、これを実現するために車載カメラ、レーダーを使用した自車位置推定技術「ボッシュロードシグネチャー」の開発に取り組んでいる。車載センサーから得られたデータはボッシュのクラウド上で加工され、高精度地図に統合される。自動運転車両は、車載センサー経由で入手した物体に関する情報と地図の構成要素から得た関連情報を比較し、自車の位置を推定する。

ボッシュは現在、北米、欧州、中国で主要なマッププロバイダーと提携し、「ボッシュロードシグネチャー」を使用した自動運転用の高精度マップを開発している。

今回、インクリメントPとの協業では、ボッシュが自動運転車が自車位置推定のために使われる地図の構成要素をインクリメントPに提供し、インクリメントPはこれを高精度マップに取り込んだ日本の自動運転用マップを作成する。

ボッシュのシャシーシステム コントロール事業部のルッツ・ヒレボルト部長は「日本にパートナーを持つことは、ボッシュロードシグネチャーを自動車メーカーにグローバル提供できる体制を整えるための大きな前進。この協業がボッシュの日本での自動運転開発をさらに加速させる」とコメント。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集