【ITS世界会議2017】トヨタ、協調型ITS体験コーナーを設置予定

自動車 テクノロジー ITS

トヨタ ブースイメージ
  • トヨタ ブースイメージ
トヨタ自動車は、10月29日から11月2日までの5日間、カナダ・モントリオールで開催される「第24回 ITS世界会議 モントリオール2017」に出展する。

ITS世界会議は、欧州/アジア・太平洋/米州の順で毎年開催されるITSに関する最大規模の国際会議。各国・地域のITS関連団体がセッション、展示や試乗などを通じ、最先端のITS研究成果や製品の発表を行う。

トヨタは、第1回から同会議に積極的に参加し、ITS技術の研究成果や安全・環境に関する商品・サービス等を展示・紹介している。今回の出展では、人とクルマと街がつながる「スマートモビリティ社会」の実現を目指し、交通事故死傷者ゼロに向けて取り組む安全技術「協調型ITS」に加え、「通信型ドライブレコーダー活用」、「環境に優しく快適に移動できる交通社会を目指した移動サービスHa:mo」を紹介する。

具体的には、トヨタの安全の考え方を示すとともに、協調型ITSにより実現するサービスについて、VR(仮想現実)およびドライビングシミュレーターを用いた体験コーナーを設置する。また、最新の技術動向、実用化した後の事故削減効果に関する検証状況や、協調型ITSの普及・発展に向けた国内をはじめ海外における取り組みなども紹介する。

また通信型ドライブレコーダー活用については、リアルタイムで収集される「走行画像」や「車両データ」を活用したサービス事例を紹介。Ha:moについては、車などパーソナルな乗り物と公共交通を最適に組み合わせて使うことで快適に移動できる仕組みづくりを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集