21号台風、23日の通勤を直撃…関東-東海に上陸の見込み、全国で「非常に激しい」暴風雨

自動車 社会 社会

台風21号が超大型で非常に強い勢力を保ちながら四国の南海上を1時間に40kmのスピードで北上。今後、速度を早めながら23日夜から23日朝にかけて、関東地方や東海地方に接近し、上陸する見込みだ。

気象庁予報部の進路予想(22日12時)では、中心気圧930ヘクトパスカル、最大風速45m/sで東海、関東地方に向かって進んでいる。23日0時~6時にかけて、中心気圧は945→960ヘクトパスカル、最大風速は40→35m/sと多少弱まるものの非常に強い勢力を保ったまま、関東と東海の境目あたりへの上陸が予想されている。

22日14時の会見では、松本積主任予報官が注意を呼び掛けた。「最悪の状況になるまでにまだ時間がある。雨風が強まると、ふだん安全な場所も危険になってくる。早め早めの対策をとってほしい」。

最も注意すべきは大雨だ。「関東、東海地方ではこれまで前線で大雨が降っている状況で、台風の影響でこの先も前線が活発化してさらに雨量が増える。それに加えて、台風を取り巻く雨雲が拡がる。すでに前線の雨具と台風の雨雲は連なってきている。雨雲はかなり広いので抜けきるまで時間がかかり雨量は増える」。

今後予想される雨量は23日12時までに、
近畿 400ミリ
東海 600ミリ
関東甲信 300ミリ
北陸 400ミリ
東北 250ミリ
日本海側では北東から風が入るので関東地方より、雨が長引く可能性がある。北海道では23日~24日に内陸部を中心に大雪になるおそれもある。

暴風域も広く、暴風や竜巻にも注意を呼び掛ける。「最大風速35メートル、もっと強い場合もあるが、こうした強い風のまま上陸する台風は数が少ない。これだけの風が吹くと木が倒れたり、トラックが横転したり、建物の表面がはがれるなどの被害をもたらす台風だと考えている。また、湿った暖かい空気が流れ込むと積乱雲が発生し、竜巻が発生するメカニズムがある。今回もその可能性はあると考えている。竜巻は台風のすぐそばだけでなく、離れた場所でも発生することがある」。

暴風は最大風速(最大瞬間風速)
東海、関東甲信 35メートル(50メートル)
近畿、北陸、東北、北海道 30メートル(45メートル)
九州、四国、中国 25メートル(35メートル)

高波、高潮にも注意が必要だ。「東海、関東、東北地方の朝の満潮時が、台風の上陸とある程度重なるという予想を立てている。警報を発表するような高潮の発生が考えられ、潮位が高くなるところでは注意が必要」(前述・松本氏)

23日までの波の高さ
東海、関東甲信 12メートル
沖縄、近畿、東北 10メートル
四国 9メートル
九州南部、北陸、北海道 8メートル
九州北部 中国 6メートル

台風接近に伴い、すでに各種の注意報・警報を発令されているが、その発表基準をはるかに超える大雨などで重大な災害が起きる予想が強まった場合には「特別警報」を発表して最大級の警戒を呼び掛ける。その特別警戒が発令される可能性もある。

「今回の台風では、東海、関東、近畿地方で、接近通過するタイミングで。北東風でかなり湿った空気が流れ込む近畿、北陸地方でかなり大雨になる可能性がある」などを想定した対応を松本氏は述べた。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集