フォード、英国にイノベーションオフィス…次世代モビリティの開発促進

自動車 ニューモデル モビリティ

フォードモーターは英国ロンドンにスマートモビリティ・イノベーションオフィスを開設
  • フォードモーターは英国ロンドンにスマートモビリティ・イノベーションオフィスを開設
フォードモーターは10月18日、英国ロンドンにスマートモビリティ・イノベーションオフィスを開設した。

スマートモビリティ・イノベーションオフィスは、世界的に有名なデジタル企業やスタートアップ企業、大学などと協力して、次世代モビリティの開発を促進するために開設されたもの。ロンドンにオフィスを置くことで、フォードはプロジェクト関係者やパートナーと密接に連携することが可能になる。

また、フォードモーターの欧州向け電動パワートレイン車両の開発拠点も擁する。ここでは、最新モデルのフォード『トランジット』をベースにしたプラグインハイブリッド車(PHV)の開発が進められている。

なお、ロンドンのスマートモビリティ・イノベーションオフィスは、米国ディアボーンとパロアルトのスマートモビリティ・オフィスネットワークに組み込まれ、ドイツなどの研究・技術センターを補完する役割を担う。

フォードモーターのジム・ハケット社長兼CEOは、「ロンドンは欧州最大の巨大都市のひとつであるだけでなく、新しいアイデアや新しいパートナーへのオープン性において、最も進歩的な場所のひとつ」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集