欧州新車販売3.6%増、オペル買収のPSAが15%増 2017年1-9月

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン・ゴルフ
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ
  • プジョー308
  • ルノー・メガーヌ
  • フィアット・パンダ
  • フォード・フィエスタ
  • BMW3シリーズ
  • メルセデスベンツCクラス
ACEA(欧州自動車工業会)は10月17日、2017年1~9月の欧州全域(EU+EFTA全30か国)の新車(乗用車)販売結果を公表した。総販売台数は1202万6194台。前年同期比は3.6%増だった。

5大主要国では、ドイツが前年同期比2.2%増の261万1821台。英国は206万6411台にとどまり、前年同期比は3.9%減と、前年実績を下回る。フランスは、前年同期比3.9%増の156万0829台。イタリアは9%増の153万3710台。スペインは、6.7%増の93万3142台を売り上げた。

主要8社の販売実績は、首位のフォルクスワーゲングループ(アウディ、セアト、シュコダなどを含む)が、前年同期比2.2%増の284万1161台。主力のVWブランドは1%減の130万1999台、アウディブランドは0.01%減の63万8942台。

2位はPSAグループ。2017年1~9月実績は、前年同期比15.5%増の132万2291台。その内訳は、プジョーが4.4%増の69万5626台。シトロエンは4.5%増の44万4141台だった。また、新たに傘下入りしたオペルは、14万6764台を売り上げ、PSAグループの2桁増に貢献する。

3位はルノーグループ(ダチアを含む)。その販売台数は121万9485台。前年同期比は6.7%増だった。低価格のダチアブランドは、10.5%増の35万6697台と、2桁の伸び。主力のルノーブランドは、5.2%増の85万9017台。

4位はFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)グループ(ランチアやアルファロメオを含む)。その販売台数は83万1250台で、前年同期比は8.2%増と、2桁の伸び率。ブランド別では、アルファロメオが36%増の6万5962台と、大きく増加。ランチア(クライスラーを含む)は6.8%減の4万9226台と後退。主力のフィアットブランドは、8.3%増の62万9392台。ジープブランドは、1.7%減の7万8917台にとどまる。

5位のフォードモーターは、80万2106台を販売。前年同期比は0.6%減と前年実績を下回る。

6位はBMWグループ(MINIを含む)。2017年1~9月は78万8237台を売り上げ、前年同期比は1.2%増。BMWブランドは、前年同期比1.3%増の62万7875台。MINIブランドは0.8%増の16万0362台と、両ブランドが前年実績を上回った。

7位はダイムラー(メルセデスベンツとスマート)。その販売台数は76万2507台。前年同期比は6.6%増だった。ブランド別では、メルセデスベンツが8.2%増の68万8611台。スマートは7万3896台にとどまり、6.7%のマイナスと前年実績を下回る。

8位は、GM。オペルグループが抜けた影響で、60万0201台。前年同期比は22.8%減と、前年実績を割り込む。

2016年の欧州全域(EU+EFTA全30か国)の新車販売結台数は1513万1719台。前年比は6.5%増と、3年連続で前年実績を上回っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集