前走車を追い抜こうとしてスピン、乗用車の3人が死傷

自動車 社会 社会

16日午前0時20分ごろ、静岡県磐田市内の県道を走行していた乗用車が前走車を追い抜こうとした際に対向車線側へ進入。そのまま道路右側のガードレールに衝突する事故が起きた。この事故で3人が死傷している。

静岡県警・磐田署によると、現場は磐田市小立野付近で片側1車線の直線区間。乗用車は前走車を追い抜こうとして対向車線側へ進出したところでスピンに陥り、コントロールを失ったまま道路右側のガードレールに衝突した。

衝突によって乗用車は横転中破。ブラジル国籍を持ち、浜松市西区内に在住する20歳の男性と、同北区内に在住する21歳の男性が頭部強打でまもなく死亡。17歳の男性も頭部強打の重傷を負い、近くの病院へ収容されている。

事故当時、現場では雨が降っており、路面が滑りやすい状態となっていた。警察では高速度でのスリップが事故につながったものとみて、運転者の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集