【レッドブル・エアレース 最終戦インディアナポリス】室屋、予選は11位…決勝はソンカとの一騎打ち

航空 エンタメ・イベント

13番目に予選を飛行した室屋(No. 31: チーム ファルケン)。
  • 13番目に予選を飛行した室屋(No. 31: チーム ファルケン)。
  • 室屋の予選フライト。1回目のアタックはタイムこそ1分5秒台だったが、ペナルティ加算で順位を下げてしまった。
  • 室屋の振るわない予選結果に、応援に駆けつけたレーシングドライバー・佐藤琢磨も残念そう。
  • 決勝「Round of 14」で室屋と対戦することが決まったソンカ(No. 8 レッドブルチーム ソンカ)。
  • この日の予選トップのホール(No. 95 マット ホールレーシング)。
レッドブル・エアレース2017シーズンの最終戦となる「レッドブル・エアレース第8戦インディアナポリス」。14日に決勝での対戦相手を決める予選が行われた。室屋義隆はペナルティ加算などにより11位となり、決勝での対戦相手は強豪マルティン・ソンカ選手に決定した。

16時よりスタートした予選はマスタークラスの14名が1機ずつ順にタイムアタック。これを2回繰り返す。順番は2017シーズンのポイントランキングで決まり、ランキング2位の室屋選手は13番目にスタートした。

1回目のアタックで室屋は、1分05秒732秒という計時でまずまずの予選スタートに見えたが、11ゲートを通過する際の水平姿勢が不十分と判断され、2秒のペナルティを加算された。2回目のアタックで縮めることはなく記録は1分07秒732のまま、全体を通すと11位となった。

一方、ランキングトップのソンカは、室屋に続く最終アタック。2回目で1回目を上回る1分05秒463秒のタイムを出して、予選を4位で通過した。予選で1位通過となったのはランキング5位のマット・ホール選手で、タイムは1分04秒149秒だった。

決勝は、14名すべてのパイロットによる1対1のトーナメント方式で行われ、最初は「Round of 14」と呼ばれる対戦からスタート。続く「Round of 8」では、Round of 14の勝者7人と敗者で最も速かった1人を加えた8名で対戦。さらにここで勝ち上がった4名が「Final 4」を戦って優勝者を決める。

室屋のRound of 14での対戦相手はソンカに決定し、2017年シーズンのポイントランキング上位2名が早くも一騎打ちする形となった。しかも“ヒート2”という早いタイミングで対決となり、最終戦の決勝日は序盤からヤマ場を迎える。

予選ランキング
1位:マット・ホール(オーストラリア)/1分04秒149秒
2位:ペトル・コプシュタイン(チェコ)/1分04秒390秒
3位:フアン・ベラルデ(スペイン)/1分05秒400秒
4位:マルティン・ソンカ(チェコ)/1分05秒463秒
5位:ピート・マクロード(カナダ)/1分05秒464秒
6位:マティアス・ドルダラー(ドイツ)/1分05秒926秒
7位:ニコラス・イワノフ(フランス)/1分05秒965秒
8位:マイケル・グーリアン(アメリカ)/1分06秒406秒
9位:ピーター・ポドランセック(スロバキア)/1分06秒993秒
10位:ミカエル・ブラジョー(フランス)1分07秒211秒
11位:室屋義秀(日本)/1分07秒732秒※
12位:カービー・チャンブリス(アメリカ)/1分07秒732秒※
13位:フランソワ・ルボット(フランス)/1分08秒793秒
14位:クリスチャン・ボルトン(チリ)/1分09秒270秒
※ペナルティ加算含む
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集