豪ワールドソーラー耐久はオランダのヌオンが優勝、日本の東海大は4位

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ヌオン・ソーラーチーム (c) Getty Images
  • ヌオン・ソーラーチーム (c) Getty Images
  • ヌオン・ソーラーチーム(10月12日) (c) Getty Images
  • ミシガン大学(10月12日) (c) Getty Images
  • パンチ・パワートレイン(10月12日) (c) Getty Images
  • 東海大学(10月11日) (c) Getty Images
  • 東海大学(10月12日) (c) Getty Images
  • トゥエンテ(10月12日) (c) Getty Images
“フライングダッチ”、オランダのヌオン・ソーラーチームの「ヌーナ9」が12日、オートラリア、アデレード市のヴィクトリア広場のフィニッシュラインを横切り、2017年ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジの勝者となった。

隔年で開催されるソーラーカーの耐久レースは8日、オーストラリア北岸のダーウィンを出発して大陸を縦断、3000km以上を走破して南岸のアデレードに到達した。今回が初の開催から30周年の記念の年である。

ヌオンの優勝はチャレンジャークラスで7回目。3021kmを14時間10分41秒で走り、平均速度は81.2km/hだった。2位は米ミシガン大学ソーラーカーチームの「ノーヴァム」で、自己最高位、3位はベルギーのパンチ・パワートレイン・ソーラーチームの「パンチ2」で、同じく自己最高位でのフィニッシュとなった。

4位は日本の東海大学(チーム名同じ)の「ソーラーチャレンジャー」、5位はオランダのトゥエンテ大学ソーラーチーム・トウェンテの「レッドシフト」。執筆時点で5位までがゴールしている。

レースのクラスは「チャレンジャー」「クルーザー」「アドベンチャー」の3つに分かれており、チャレンジャー・クラスが最高位で、事実上の本戦。クルーザーは実用性も加味してポイント計算する“レースinレース”だ。アドベンチャーは順位対象外で、昨年までの型落ち車両で参加して、チーム新人が経験を積むためのクラスとなっている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集