ヤマハ発動機、二重反転ローターを採用したドローンを開発 2018年販売予定

航空 テクノロジー

産業用マルチローター(ドローン)のプロトタイプYMR-01
  • 産業用マルチローター(ドローン)のプロトタイプYMR-01
ヤマハ発動機は、10月11日から13日にわたり幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」に2018年販売予定の産業用マルチローター(ドローン)のプロトタイプ『YMR-01』を参考出品する。

YMR-01は、二重反転ローターと最新の軽量化技術を融合、高品質な散布、使い勝手の良さ、信頼性を求める農業関係者のニーズに対応するモデルとして開発した。6軸ローターの左右2軸を上下二重反転とする8枚ローター式を採用、適切な降下気流を生み出し、二重反転軸近傍に散布ノズルをおくことによって、無人ヘリに匹敵する、作物の根本まで均一に薬剤を散布する性能をもつとしている。

また、同社オリジナルのフライトシミュレーターなどを活用した実践的な教習サービスも用意する。

ヤマハ発動機は、やまびことマルチローターに関して業務提携し、やまびこに対しマルチローターを供給、やまびこからはヤマハ発動機へ粒剤散布装置を供給する予定。

YMR-01は、既存の特約店に加え、やまびこの販売網でも販売する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集