ZMP、政府のSIP自動走行システムの大規模実証実験に参加

自動車 テクノロジー ITS

自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」
  • 自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」
ZMPは、内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム」の大規模実証実験に参加すると発表した。

同社は、将来の自動運転タクシーサービスの実現を目指し、自動運転技術の研究開発を進めている。今回の実証実験では、自動運転技術開発プラットフォーム車両「RoboCar MiniVan」を使用する。

RoboCar MiniVanは市販ハイブリッドミニバンをベース車両とした実験車両で、自動車関連メーカーや研究機関・大学が自動運転や先進運転支援システム(ADAS)関連の研究開発用途に販売している。

また、同社ではドライバーによるデータ計測サービス「ロボテスト」によって自動車/部品メーカーの公道でのデータ収集作業をサポートしており、実証実験では、これらの車両やサービスの知見を活かしていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集