ドラレコとドライバー生体データで安全な運転を指導、東京海上日動がサービス開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

シート据置き型計測機器で収集したドライバーの生体データを使って効果的な安全運転を指導
  • シート据置き型計測機器で収集したドライバーの生体データを使って効果的な安全運転を指導
東京海上日動火災保険と東京海上日動リスクコンサルティングは、10月から生体(疲労・眠気)データとドライブレコーダで収集したデータを統合したコンサルティングサービスの提供を開始する。

シート据置き型計測機器と車外・車内を撮影する2つのカメラを内臓したドライブレコーダーによって、収集されたドライバーの生体データと不安全行動映像を組み合わせて分析し、より効果的な指導につなげられる教育テキストを提供する。生体データや車内映像を加えることで自動車事故・ヒヤリハットの原因を特定することが可能で、より高度な交通安全教育の支援・アドバイスができるようになるとしている。

生体データを取得する機器は、ドライバーの装着負荷をなくすため、座席にセンサーを取り付ける仕様で、確実にデータを取得できる。これにより、車内映像を活用したドライバーへの具体的な安全運転指導に加え、生体データから明らかになったドライバーの疲労度を軽減するための乗務時間・乗務シフト・走行ルートなどの変更、組織として対策を検討することも可能になる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集