個人間カーシェア エニカ、登録会員数9万人、登録車数3500台突破…2周年記念のインフォグラフィック公開

自動車 ビジネス 国内マーケット

インフォグラフィック「データで見るAnycaの今」
  • インフォグラフィック「データで見るAnycaの今」
  • インフォグラフィック「データで見るAnycaの今」
  • インフォグラフィック「データで見るAnycaの今」
  • インフォグラフィック「データで見るAnycaの今」
DeNAが提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は9月29日、2周年を記念してインフォグラフィック「データで見るAnycaの今」を公開した。

エニカは2015年9月のサービスリリースから2年が経ち、登録会員数が9万人を突破。また登録車数は3500台を超え、600種以上の車種が登録されている。インフォグラフィックを見ると、 登録車の都道府県台数は東京都・神奈川県・大阪府と主要都市圏が多い。しかし10位には北海道・沖縄県がランクインし、観光地での登録も広がっていることが分かる。

3500台を超す登録車だが、その中で最も高価な車はBMW『i8』で2000万円台。最も古い車は『マーキュリー』で1950年。未来を感じる次世代スーパーカーや、幻の旧車もエニカで体験できる。また、エニカを利用する理由で最も多かったのは「乗りたい車種がある」で86.5%。オーナーとして利用する理由は「収入が得られる」「駐車場に眠らせておくのがもったいない」という結果となっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集