日産の検査不備…再検査を行う生産拠点と、リコールの可能性がある車種

自動車 ビジネス 企業動向
追浜工場で生産されるジューク。
  • 追浜工場で生産されるジューク。
  • 栃木工場で生産されるGT-R。
  • 登録停止と再検査の可能性を説明する日産トータル カスタマー サティスファクション本部・杠(ゆずりは)直樹エキスパートリーダー(むかって左)と広報担当・濱口貞行部長。
日産自動車は29日、出荷前の車両の完成検査を未認定者が行っていたことを発表した。同社と立入検査した国土交通省によると、その拠点は以下のとおりだ。

・日産自動車(追浜工場、栃木工場、日産自動車九州)
・日産車体(湘南工場、京都工場、日産車体九州)

出荷前の検査は、自動車会社が自主的に決めた検査経験や知識を持つ検査員が行わなければ、検査を完了したことにはならない。国交省はこれを通達で定めてはいるが、保安基準に適合しない車両が検査不備で生み出されなければ、直ちに法令違反には問われないため、同社はリコール制度などを使って、再度、完成検査をやり直す必要に迫られる。

生産時期や担当した検査員を調べることで今後、対象となる車両は絞り込まれていくが、対象となる車種は以下の21車種だ。

シルフィ、ノート、ジューク、キューブ、リーフ(新旧)、マーチ、GT-R、シーマ、フーガ、フェアレディZ、スカイライン、セレナ、ティアナ、エクストレイル、NV200バネット、ウィングロード、シビリアン、パラメディック(救急車)、アトラス、エルグランド、キャラバン。

国交省の指摘後、同社は9月19日と20日の2日間で正規検査員に確実に検査を行わせる体制を整えたため、それ以降に生産された車両については、再検査の必要はないため販売店には影響はない。対象車両については車体番号を特定して販売店に通知、登録をすることなく差し戻すことを求めた。

検査済みと言えない検査が、どの時期からどの車両で行われたかは特定できていない。ただ、ユーザーが車検を実施した車両については、車検で不備が指摘されていなければ、さかのぼって完成検査でも同等の基準は満たされているとみなして、問題はないという考え方だ。

一度もユーザーが車検を受けたことのない新車についても、国交省は「既に販売・登録された自動車についての市場措置等の対応を、速やかに検討し報告すること」と指示した。日産は車体番号の特定を始め、今後ユーザーに通知する方法を公表する予定だ。


影響は6万台+過去3年間の全車種に…
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

  • 日産、完成車の登録を取り消す---検査工程で不備 画像 日産、完成車の登録を取り消す---検査工程で不備
  • 【日産 リーフ 新型】西川社長「決意新たに万全の品質でお届けしたい」…オフライン式 画像 【日産 リーフ 新型】西川社長「決意新たに万全の品質でお届けしたい」…オフライン式
  • 日産、世界生産・販売が8月度新記録…中国など好調  8月 画像 日産、世界生産・販売が8月度新記録…中国など好調 8月
  • 【福祉機器展2017】5ナンバーサイズが行動範囲を広げる…日産 セレナ チェアキャブリフター 画像 【福祉機器展2017】5ナンバーサイズが行動範囲を広げる…日産 セレナ チェアキャブリフター

特集