床に落ちたものを拾おうとして急ハンドル、ダンプが電柱に突っ込む

27日午前11時ごろ、東京都江戸川区内の都道を走行していた大型ダンプトラックが路外に逸脱。道路左側の電柱へ衝突する事故が起きた。この事故で運転者が軽傷。急ハンドルが原因とみられる。

自動車 社会 社会
27日午前11時ごろ、東京都江戸川区内の都道を走行していた大型ダンプトラックが路外に逸脱。道路左側の電柱へ衝突する事故が起きた。この事故で運転者が軽傷。急ハンドルが原因とみられる。

警視庁・小岩署によると、現場は江戸川区上一色付近で片側3車線(本線2、側道1)の直線区間。大型ダンプトラックは側道部分を走行していたが、急ハンドルを切って路外逸脱。道路左側の歩道内に立つ電柱へ衝突した。

衝突によってトラックは横転中破。運転していた50歳代の男性が打撲などの軽傷を負った。電柱は根元から倒壊したが、事故に巻き込まれたクルマや歩行者も無かった。

聴取に対して運転者は「助手席から床に落ちたものを拾おうとした際、ハンドルも切ってしまった」などと供述しているようだ。警察では運転操作の誤りが事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集