着脱式可搬バッテリーを使った余剰電力活用システム…ホンダなどが実証実験をフィリピンで開始

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダ モバイルパワーパック
  • ホンダ モバイルパワーパック
ホンダは9月25日、可搬式バッテリーを利用した充電ステーションユニット「ホンダ モバイルパワーパック エクスチェンジャー」を余剰電力活用システムとして、フィリピンのロンブロン島に設置し、駒井ハルテックと共同でCO2削減に向けた実証実験を今秋中に開始すると発表した。

ロンブロン島はディーゼル発電が主なエネルギー供給源で、高コスト、高CO2排出のエネルギーに依存。また、昼夜で変動する電力需要に対し、安定的な電力供給が求められている。実証実験では、駒井ハルテックが風力発電機を設置しクリーンエネルギーを創出、余剰電力をホンダが設置するエクスチェンジャーを通じてモバイルパワーパックに蓄電することで効率的に電力を活用し、CO2削減を目指す。また、モバイルパワーパックは持ち運びでき、電動モビリティーから家電まで、生活に必要な電気機器の電源として、いつでもどこでも多様な用途に活用可能。今まで電力供給ができなかった地域でも、電気のある生活を送ることが可能になる。

両社は今後、モバイルパワーパックを活用した電力供給システムの実用性の調査や実証実験は、他国でも展開する予定だ。


ホンダは「CEATEC JAPAN 2017」にて、着脱可能な可搬式バッテリーと充放電機器などで構成する「ホンダ モバイルバッテリーパックシステム」を初公開…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集