スピットファイアは本物、CGなし!…映画『ダンケルク』ノーラン監督の主義

航空 エンタメ・イベント
『ダンケルク』 (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』 (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』 (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』 (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』 (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダンケルク』 (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 撮影中のノーラン監督 (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ノーラン監督 (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ロンドン・プレミアでのトム・ハーディ (c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

クリストファー・ノーラン監督が、第二次世界大戦最大規模の救出作戦を描く『ダンケルク』。見所のひとつが空撮シーンだ。なんと現存する英国戦闘機スピットファイアを実際に飛ばした、実写なのだ。ノーラン監督と撮影監督ホイテ・ヴァン・ホイテマはリアルな撮影こだわった。

ファリア役のトム・ハーディとコリンズ役のジャック・ロウデンが乗り込むスピットファイアは多くの観客の心を掴んでいる。劇中の2機が本物、1機が制作に5億円超を費やしたレプリカだ。本物は値がつかないだろう。ダンケルク撤退戦から77年を経て、スピットファイアが空を駆ける。

CGやデジタル処理によっていまの観客は様々なカメラアングルに慣れている、とノーラン。「重要だったのは、戦闘機と船の動きだった。空に戦闘機が飛び交い、海に船が突き進む。すべてを連動させる必要がある」。ノーランは、ダンケルクへ救出に向かう民間船ムーンライト号、敵のドイツ機に狙われる駆逐艦、さらにその上でドイツ機を狙うスピットファイアが交錯するシーンをワンショットで捉える、高難度の撮影に挑んだ。

機体やコクピットには大型のIMAXカメラを装着した。ノーランは戦闘機に並行する撮影用飛行機から指示を出す。撮影監督のホイテマは「狭いコックピットに座り、飛ぶ感覚をつかむ」ために何度も戦闘機に乗り込み、「すさまじい重力に耐え、方向感覚を失わないパイロットたちに対する尊敬の念を新たにした」という。ホイテマは高度300mを上下逆さまに飛んでいてもカメラに付きっきりだったそうだ。


<ストーリー> 舞台はフランスの海岸の街ダンケルク。ドイツ軍に追い詰められた英仏軍40万人が撤退を決断。若き兵士トミーと仲間たちは、絶体絶命の窮地からどうやって脱出するのか!? 民間船も参加して史上最大の救出作戦が幕を開けた……。

《高木啓》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集